来世は動物園のライオンになりたいPTSD女性

趣味の会みたいな集まりで
女性たちが
楽しそうに話をしていた。
 ―声が大きいから聴こえてしまう。
 多分
 トラウマ話はひそひそ話され
 聴こえないのだろう。
 聴こえるのはPTSD女性の悪口が多い。
 もちろんPTSDとは認識していない。
ある女性が
前世占いの話を始める。
関心度はそれぞれだろうが
みな
楽しそうに
「あーだ」
「こーだ」と
言って盛り上がってる。
一人の女性が
「私そういうの
いーッサイ  ←派手なゼスチャーも
興味ないんですっ!」
「嫌いっていうなら
まだ興味あるからだと
思うんですけど
まーったく興味ないんです」 
全否定即全肯定の呪縛は
恐ろしい…あせる
$PTSD研究家翠雨の日記
それに…
$PTSD研究家翠雨の日記  
 【一切即一】ですねひらめき電球
逆に
控えめに言う
「ちょっと…」て
大分困りますって意味ですひらめき電球
舌の根も乾かぬうちに
来世は
動物園のライオンになりたいな

みんな
「来世はあるのか?」
「えー。サバンナがいいでしょ…」
そのこころは?
トラウマを
檻に入れなきゃって
わかってるんです。
自分を振り回す
トラウマが
ライオンみたいなものだって
こともです。
無意識って面白いですねニコニコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です