『殺人者はいかに誕生したか』 ~PTSDと虐待&DV

昨日につづき

まともな
臨床心理士の方です。

たまたま臨床心理士だっただけで
やはり
臨床心理士は嫌いです。

欲を言うなら
取らないで欲しかった…しょぼん

$PTSD研究家翠雨の日記

犯してしまった罪は罪で

奪った命は帰ってこないし

死後も凶悪犯として
歴史に残るでしょう。

でも
その生育暦やその家の裏の姿
目を向けてみると
虐待や寂しさの苦痛から
必死になって
耐えて生きてきた姿が見え   ←解離ですね合格

結果として生まれてしまった
凶悪犯が
そこに見えると
書いてあります。

殺人を抑止するためにも
必要な視点です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です