言葉における女の子達の集合的無意識的古典回帰

朝日新聞
 いま子どもたちは つながる8

12歳の女の子

親友は
心友と書いたり
神友と書いたり
するそうです。

無意識の解読法では

橋は端であり箸ですものね。

雪は
行きであり逝きでもあり
裄であり
幸であり倖
おおもとは
天の輸機です。   
 ―【一即多】です。
 
無意識は
響きや駄洒落でできているのでしたね。

昔の女の子は
自分の名前の漢字を
別の漢字にしたり
一部ひらかなにしたり
してました。

かな文字文化の時代の
慣わしです。

平成の女の子たち
古典に還ってますね。

PTSDの時代ですからねニコニコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です