ノーベル賞への自爆テロとPTSD克服過程における魔境

ノーベル賞の授賞式で注目が集まる

スウェーデンの
首都
ストックホルム中心部の繁華街で

昨日
(日本時間本日午前1時頃)

連続して
2か所で爆発があり

1人が死亡
2人が負傷しました。

自爆した男性は
イスラム教の預言者ムハンマドの
風刺画を描いた漫画家を
非難しています。

確かに
この漫画はいけません。

 ―風刺には品位が必要です。

しかし
反論を【暴力】的に行うのは
間違いでしょう。

しかも
【非暴力】の祭典の直後です。
 ―囚われの身の中国人が
  平和賞を受賞しました。

まるで
自分達が正義だと
言わんばかりの行動は

ムハンマドにとっても
真のイスラム教にとっても

多大な迷惑でしょう。

PTSDの方々が
自己実現する際にある
魔境です。

 ―みな始めは【犠牲者】ですから。
  しかしその主張を間違え
  勘違いするると
  それが新しい【病理】になるのです。

★非暴力の視座
★謙虚さ

この2点の欠如は身を滅ぼします。

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です