「大たこ」との闘いは華厳的【非暴力】で一件落着

大阪市は
市道を不法占拠していた
道頓堀のたこ焼き店
「大たこ」が
強制撤去直前に
屋台を自主撤去したことを受け
再占拠防止のため
屋台跡の市道上にプランターを   ←パンジー黄色い花
設置しました。
 ―華厳
 (花を飾る)的に
 【非暴力】で来ました。
 裁判で筋も通しました。
 約一名雨傘振り回した
 勘違い男がおりましたが…
担当者は
「ようやく
撤去命令に従ってもらえて
ほっとしている」と話し
店長の男性(34)は
「もめても仕方がない。
当時の
市の担当者の指示に従って
やってきただけなのに
なぜ自分たちだけが
悪者になるのか」と
話しました。
 ―こういう理屈だったのですね。
時代が変わり
ルールが変わってるのに
従わない人たちは
案外いるんですね。
人気のたこ焼き店でしたしね。
$PTSD研究家翠雨の日記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です