『母子寮前』にみる母親喪失体験の大きさ

公立のDVシェルターは
母子寮に
DV被害母子を送り込む装置にしか
なっていないけど
 ―母子側からすれば
 当たり前のように
 流されるのですから
 これは立派な暴力であることが
 多いです。

$PTSD研究家翠雨の日記

最愛の人に贈る慟哭の記と
サブタイトルがあります。

ガンを告知された母との
最後の1年間。

病院との争い
異常な父との鬼気迫る確執。

静けさの中から思いがあふれ出す
究極の私小説と紹介されています。

茨城バス襲撃容疑者は
母親を亡くしているそうです。

見落とされそうな
ことかもしれませんが

『自分が母親を亡くしたら』と
想像すれば
そんな軽い問題ではないことが
すぐわかると思います。
 ―もちろん犯罪はいけませんよ。

何かを大事にしようとすれば
周囲とぶつかります。

容疑者は
ぶつかる相手と方法を間違えたのかも
しれないですね。

なんか
タイムリーな本です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です