『僕と妻の1778の物語』でSMAPの草なぎ剛の「解離」性珍回答

映画
『僕と妻の1778の物語』は
SF作家
眉村卓氏(76)と
2002年に亡くなった
悦子夫人との実話をもとにした物語です。
がんで余命1年を宣告された
 ―キューブラー・ロスの世界です。
妻の免疫力を高めようと
 ―がん恐怖に対する
 PTSD予防です。
 そのこころのケアは
 免疫力に働きかけるものでなければ
 ならないのだという視点が
 はっきりあります。
 普通の心理学では
 歯がたたないのです。
 
1日1本
短編小説を書く姿が
描かれています。
 ―お話はこころの栄養になります。
 物語療法というのが
 結構流行ったことが
 ありました。
草なぎは
司会者から
自分だったら何ができるかと
尋ねられ
自信たっぷりに
「奥さんがカレーが好きなら
毎日カレーを作るかな。
ぼくもわりかし
カレー好きだし」と回答しました。
せめて
うたくらいにしてほしかったな。
10代のアイドル以下だな。
いくらおいしくても
インド人じゃあるまいし
身体に負担がかかるだろう!
共演の竹内結子(30)は
爆笑するし
感動の涙があふれていた
客席も
一瞬キョトンとし
笑いを
巻き起こしてしまいました。
あまりにシリアスな
PTSD予防物語がストレスとなり
【解離】により
脱線しちゃったのかな?
そう言えば
地デジ大使でしたっけ?
あの途中に
解離事件を起したトラウマが
あって
ちょうど肩の荷が降りて
ホッとしたところに
PTSD予防大使
ならなきゃならなくなって
こころが
誤作動を起こしたのでしょう。
おまわりさんも
拳銃は厳重に管理しなきゃと
思えば思うほど
誤射したりするそうですよニコニコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です