いじめや頭痛もうつ病にするから精神病院が減らない

$PTSD研究家翠雨の日記
先進国のなかでは
異質な存在です。
 ―先進国から
  外した方がいいのではあせる
理由は
★生活支援が乏しい
★治療の必要がないのに入院を続ける
★うつ病治療に対する医師不足
病気じゃないけど
普通の生活ができない
から
入院しているということですかね。
あと思い込みうつ病ね。
 ―要するにPTSDなんですよね。
 心理療法の対象です。
 
同じ記事のなかに
ちゃんと
そう書いてありますよダウン
$PTSD研究家翠雨の日記
しかも
こういう仕事上の問題
(いろんな意味でのいじめです)
きっかけのものが7割
見出しにありますし
 ―PTSDの原因の7割は
 いじめということです。
 昨年子どもたちが
 いじめ自殺を世の中に
 認めさせました。 
タイトルからして
「心の病 もがく前に」で
だれがいつ、かかっても
不思議ではない心の病

子どもが読んでもわかるように
ひらかなで書かれています。
ここまで並べながら
早期発見と医療機関にかかることを
提唱して記事を〆るのは
精神分析でいう
思考の【脱線】です。
そこにトラウマがあり
 ―物事を全体的に考えず
 場当たり的に
 あーだ、こーだと
 同じところを
 ぐるぐる回っているのです。
 自閉症と診断されている
 PTSDの子どもが好きな
 遊びですひらめき電球
その結果
精神病院の病床数は
減らないのです。
 ―自殺者は増えたままです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です