市民に銃を見せ官舎で首吊り自殺と典型的なPTSD解離行動に終始した警察署長

宮城県警
気仙沼署長(51)が
昨年
市民に銃を見せたという
情報
があり
内部の規律違反などに
当たるかどうかを
調べるため事情を
聴いていたところ
翌日
官舎の物置小屋で
首をつった状態で
署員に発見され
官舎から遺書
見つかったそうです。
  …
宮城ですね。
 ―解離事件多発遅滞ですひらめき電球
拳銃の扱いをめぐっては
解離事件が頻発しています。
 ―ある種の方々は
 丁重に扱おうとすればするほど
 ミスしてしまうのです。
 置き忘れたり
 間違って撃ってしまったり。
それを敢えて
見せてしまった
のは
やはりヒステリー反応ですね。
 ―集合的無意識的に
 操られてしまう。
 自我がお留守になる病。
 
そして
「しまった!」と気づいて
反省し
どうしたらよいのか
考えるのではなく    ←傾向と対策
遺書を書いて
首をつるとは
なんと場当たり的な
【回避】行動でしょうか。
 ―【解離】すると
 パスポート申請するくらいの
 気軽さで
 遺書が書けるのです。
一般には理解不能だと
お察しします。
しかし
これが
PTSD性解離行動の実態です。
どうかご理解をお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です