大きな自己と場当たり的な解離自我

作者の意図は
日本の国の立ち位置かも
しれませんが…
$PTSD研究家翠雨の日記
「そこに山があるから登る」
探検家の言葉には
ロマンを感じますが
どんな山でも
手当たり次第に ←バラバラ【解離】
登ってるわけではないですよね。
多分
誰も登ったことがないような
山しか見てないのだと
思います。
 ―こころの目ではね。
 念のため。
人間のこころには
2つの中心があります。
この場当たり的な
小人さんは
 ―しょうにんですね。
  自我(意識)です。
 地球防衛軍は自我防衛軍ですひらめき電球
自己(セルフ)から見ると
『何がしたいのかな?』って
感じですね。
$PTSD研究家翠雨の日記孫悟空と仏の掌
大人からみた子どもも
同じですネ。
言葉にされないだけで
逆もあると思うけどあせる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。