警部補が援交狩りにあった事実を【否認】する山梨県警のショック

山梨県警捜査1課の
40代の男性警部補が
出会い系サイトで
援交狩りに会っていたことが
分かりました。
 ―援助交際と見せ掛け
  誘い出した男性を襲うのを
 「援交狩り」と呼ぶそうです。
警部補を囲んだ
数人の男たちは
★車内に監禁し
★「俺の女に手を出すな」などと
 言いがかりをつけ
★殴るなどの暴行を加え
★現金を奪って
★逃走したようですが
県警は
「強盗に当たるような
重大事件ではないと判断し
広報しなかった」と
しています。
きれいな【否認】ですねひらめき電球
いくら警察官だって
相手が数人で
不意打ちなら
強盗に負けることもあるでしょう。
でも
諸事情が複雑で
(コンプレックス)
受け入れがたい
ショック
だったのでしょうね。
警察には
【否認】の構造があるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です