朝日新聞『青銭大名』第二十三話 奇跡の橋が架かるとき 

五郎左は
けちんぼの主人に
無理難題を押し付けられましたが
逃げずに
立ち向かい
誰もが恐れる
荒くれ者の
悪平太に気に入られ
 ―悪人も寂しいのかも
  しれませんね。
  誰もまともに
  相手してくれませんから!
旅に出られそうです。
つまり
【如人千尺懸崖上樹】の  ←ポニョと一緒ニコニコ
危機一髪から
新天地に
脱出するパスポートを
手に入れたのです。
奇跡の実態ですね。
 ―お金もコネもありません。
 普通の人より
 ハンディがありすぎます。
$PTSD研究家翠雨の日記
いつも素敵な挿絵です。
今回は
運命に
橋が架かりましたって
感じかな?
今でも
一大決心をしたとき
イメージ表現に
橋の表現が見られます。
 ―無理に橋を置いてもダメですし
 橋の置物を買っても
 ムダというものです。
 
 逆は真ならず。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。