DVから逃れ耳と鼻をそがれたアフガン女性の肖像が2010年世界報道写真大賞

南アフリカの
ジョディ・ビーバー氏が撮影した
結婚先から逃げ出した罰として
アフガニスタンの
旧支配勢力タリバンのメンバーに
耳と鼻をそぎ落とされた
アフガニスタン女性
ビビ・アイシャさんの肖像写真が
選ばれました。
昨年
8月1日の
米タイム誌の表紙の
女性です。
選ばれた理由は
「『ほら、あの少女の写真だよ』と
言うだけで
相手に通じるような

一生に10枚ほどしか出会えない
一枚になり得る写真だ」から
です。
時代の【象徴】ですね。
宗教も
集合的無意識であり
ときに
暴力になります。
DVですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です