初公判で海老蔵の変わりに【にらみ】を利かせたリオンは解体業のPTSD

歌舞伎俳優の
市川海老蔵さん(33)が
暴行を受け
重傷を負った事件で
傷害罪で起訴された
伊藤リオン被告(27)の初公判が
東京地裁で始まりました。
数奇な事件
報道されています。
 ―PTSDは数奇な病です。
 PTSDの人間が複数関わると
 ワケがわからない現象が生まれます。
夫が血まみれで帰ってきて
妻が110番通報したことすら
バッシングの嵐の材料

 ―皇室バッシングでも
 見られますが
 妻失格とか
 離婚すべきとか
 人権侵害もはなはだしいあせる
 
 要するに
 【象徴】として
 生きている存在だからでしょう。
  …
 
ニュースをちょっと聞いただけでも
なかなか興味深いです。
★にらみ
 海老蔵の【にらみ】は
 お蔵入りしてますが
 被告のリオンが
 傍聴席をにらむ
★解体
 今の職業は解体業
 解体=解離を連想します。
★強そうで弱いリオン
 にらみを利かせたかと思うと
 蚊の鳴くような声になる。
 この二面性は
 新型うつ病や躁うつ病ではなく
 PTSDの証です。
 (生育歴の裏づけもすでに書きました)
 
争点の
★【非暴力】問題
ですが
そもそも
二人の間で
示談が成立しています。
しかし
それは個人間の問題であり
法治国家としては

リオンは裁かれねばならないという
判断のもとでの
初公判であることが
確認されました。
 ―すでに1つの見方が
  示されています。
 
 あとはリオン側の
 過剰な正当防衛なんていう
 ごね得をどう攻略するかでしょう。
19席しかない傍聴席をめぐって
992人が行列をつくりました。
注目度の高さは
PTSD社会である証です。
 ―いじめ問題に悩む子どもたちも
 自分のこととして
 注目していると思います。
 1つの【元型】が動いているから   ←ユング心理学
 応用が利くのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です