不眠・ひきこもり・激ヤセで自殺しそうな清瀬海はPTSD

疑惑の力士14人衆のひとり
元幕内で
十両の
清瀬海(26)の
朝日新聞のインタビューなど
読んでいても
PTSDの時代だなぁと
感じます。
★試し行動だった
 お金を貸した先輩が
 驚いて返してくれるかもと
 思ったようです。
  ―メール内容は事実ではない。
 薄給の若者から 
 10万、20万借りるのは
 不良の【カツアゲ】  ←恐喝して揚げる
 イジメの構造です。
 世間に訴えるなどしにくい
 集合的無意識の中で
 ストレスが高まった
 ストレス反応です。
 PTSDの子どもがよくやります。
  ―親の悪口は言いにくいので。
★打たれ弱いと感じているようだが…
 疑惑発覚から
 バッシングされ
 罪悪感や羞恥心や不安の
 コンプレックスに
 こころが直撃され
 「土俵に上がる力もありません」
   ―さすが力士
    陰陽五行的精神論です。
    (土気を中心とした気のめぐり)
    土俵は神聖な場所ですからね。
着物なんか着てますが
携帯至上主義の10代もいます。
 ―巨体で小さな携帯に集中する姿は
 なかなかユニークで
 味がある光景ですひらめき電球
相撲一直線で見識も
まだまだ狭い。
 ―ネットで爆破予告して
 逮捕された少年のことなど
 知らないかもしれない。
疑惑の解明には
ヒステリー反応についても
(PTSD)
考慮すべきでしょう。
実家からは
「命だけは断つなよ」と
クギを刺されているそうです。
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です