海老蔵裁判でリオンが出した切り札は戦争PTSDの【象徴】

保釈されたリオンは
巨体を揺らしながら
ふてぶてしく歩いています。
 ―これがこの人の基本スタイルで
 現実のルールなんてのは
 あんまり気にしないタイプなのでしょう。
 攻撃性さえ発揮しなければ
 世間的には
 個人の自由の範囲ですがね。
出廷した妻の
理由がないことでは怒らない
「一緒にいる人しか分からないかもしれませんが
家族思いで優しい」との
証言が功を奏したようですが
「子どもに会いたい」なんてのは
DV夫でも
虐待親でも言いますし
ささいな個人的理由で
爆発し
解離犯罪を犯すのが
未治療のPTSD問題の核心ですからね。
核と言えばひらめき電球
凄い核が
布置として
置かれました。
酔った海老蔵からの
暴行に対する防衛行為

主張してますね。
この争点
まるで
原爆問題の構図じゃないですか。
自我肥大し
酔った日本の暴走を
やめさせるために
原爆を投下したと
加害者をかばうような
$PTSD研究家翠雨の日記エテ公には原爆ですか!
そういう主張があり
相当バッシングされました。
 ―そんな簡単な話じゃない!と
 結論づけられ
 【非暴力】はいまだ
 永遠のテーマなのです。 ←陰
 かつ焦眉のテーマです。 ←陽
時間とともに
その論争は
意識的には風化しましたが
★精神科では
精神的不調には
先制攻撃!
とばかりの 
 ―ホントに聞いたことあります。
薬物療法      
★海老蔵事件における
【象徴】再燃です。
戦争PTSDは
日本人の普遍的無意識に
生きた【象徴】として
刻まれています。
また古傷が    ←トラウマ
暴れだしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です