ニュージーランド地震で被害家族は常軌を逸したあせりと困惑に耐えている

生存率が大きく下がるとされる
「発生から72時間」が過ぎ
【死】の可能性に
家族は直面しています。
現地入りした
富山の外国語学校の
学生さんの親御さんたちは
★一様に口を閉ざし
★こわばった表情のまま
★静かに説明を聞きながら
 耐えてはいますが
$PTSD研究家翠雨の日記
「国際緊急援助隊が
不眠不休で活動にあたっている」
「危険であり
ニュージーランドの
家族も含めて誰も入れない」と
説明されても
 ―これが情報のすべてであり
 限界です。
★「情報が入ってこない」と
声を落とし
★納得できず
再度の説明にも
★いら立ちだけが募るだけです。
これが
極度のストレス状況での
真実でしょう。
常識も客観的事実も
すべて吹き飛んでしまいます。
 ―これに付き合う
 PTSD治療の現場は
 実は
 知性より
 体力勝負なのです。
 しかも【非暴力】が鉄則ですからね。
 
 続出する
 解離し逮捕される専門家は

 この危険性にさらされているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です