海老蔵リンチの合法性を法廷で主張するリオン被告の重篤なPTSD解離性

伊藤リオン被告(27)は
結婚し
双子の子どもがあるのに
集団強姦、傷害関係など
過去4つの罪を繰り返しています。
 ―背後の組織が
  示談金で被害者と和解させたので
  起訴されてないものが
  あります。
さらには
今回の事件は
前回の事件の執行猶予中
起こしたものです。
それを
過剰防衛」という
妙な言葉で
【合理化】しようとしています。
 ―リンチ(私刑)ですよね。
 日本は法治国家ですからね。
検察は
★刑務所に入ってきちんと反省する
★人間関係を清算する  ために
二年の懲役を求刑しました。
リオンの母親
息子を正視しづらそうな様子
時折ハンカチを手に
目頭を押さえていたそうです。
 ―トラウマティックな
  生育歴がありそうですね。
サッカー少年だったのが
PTSDになってからは
場当たり的な人生を
送ってきたようです。
時々正気に返るから    ←二面性
子どももいるし
「こどものためにがんばる」とも
言えるのです。
 ―DV裁判でも
 お決まりのコースです。
未治療のPTSDの
成れの果てでしょうね。
 ―この人を躍起になって
 かばう心理は
  同類相憐れむですかね。
 シュンと沈静化しちゃいましたがねニコニコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です