熊本女児殺害の大学生は重篤PTSD解離人格で取り調べ難航

逮捕された
20歳の大学生は
殺害を認める供述を始め
「申し訳ありません」と
話しているといるようですが
 ―自分という感覚が
 妙な病気ですから

 今ここにいる
 生身の自分が犯罪を犯したというよりは
 (僕の中の)Aのヤツが
 不始末起こしてすみませんって
 感じでしょうか。 
警察は
受け答えが
あまりに淡々としていて
事件の重大性を理解しているのか
疑いたくなる場面もある
」と
話しています。
ニュースで流れた映像では
車の中で
隣の警察官とフツーに会話を交わし
詰めかけた報道陣が気になるのか
外をうかがう様子です。
 ―「ところで
  なんか人多いですネ」とでも
  言っているような様子です。
いろんな解離犯罪者が
出てきましたが
この人完璧にキレてますね。
 ―正しくは【解離】している。
この調子のままで
動機を聞いても
仕方がないでしょう。
「わいせつ目的か!」と迫られれば
「わいせつ目的です」と
答えることになるでしょう。
 ―大阪貝塚では
 知的障害の青年が放火事件を起こし
 取調べの方法に問題があったとして
 不起訴になりました。
下手したら
この人も
専門家センセイから
【発達障害】って
言われるかもしれませんねニコニコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です