朝日新聞『青銭大名』第五十三話 家紋とはったりの【象徴性】

太郎冠者
(従者)は
辛い立場です。
PTSD研究家翠雨の日記
しかし
持ってる太刀には
立派な紋があります。
「いいねラブラブ」と言われると
 
主人と一緒ですから
「我が家、重代の太刀でござる」
重々しく説明し
まじめな相手は
『凄いんだ!』と
そのはったりぶり
(圧倒され)
舌を巻きます。
そこから
運命が開けて行くなら
はったりも時には
大事でしょう。
 ―いつもはったりでは
 狼少年になりますがねニコニコ
はったりを支えるのが
【象徴】としての
家紋であり
PTSD研究家翠雨の日記
ブランド品です。
 ―日本人は
 海外コンプレックスがあるから。
 でもブランドは日本に依存している。
 (震災でたちまち影響)
 相互依存関係にありますねドキドキ
 PTSDも
 NASAが研究しているなら
 ブランド信仰が起るひらめき電球

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です