児童虐待 ~PTSD解離時代の「育児は育自」その重み

埼玉で
昨日
35歳の母親が
自宅で
長男(1)の首を絞めて
殺害してしまいました。
父親(40)が
居間の子供用布団の上で
倒れているのを発見
110番通報しました。
 ―父親は驚いたでしょう。
 トラウマにならないよう
 注意が必要です。
「泣きやまないので
口を手でふさいで
首を絞めた」などと
供述
 ―口をふさぐというのは
  白黒思考ですね。
 即物的な原始的反応です。
 精神科では
 投薬で患者さんを黙らせます。
 金で黙らせる場合もあります。
 いずれも
 ヤクザな方法です。
育児に悩んでいたようです。
$PTSD研究家翠雨の日記
育児書は
設計図ではないですね。
頭(意識)だけで  ←点みたいに狭いひらめき電球
育児はできないです。
出産のショックで   
無意識が
活性化されているハズです。 
 ―感官から
 中心力がふつふつと沸いてきます。
「育児は育自」
どこから生まれた言葉でしょうか?
今思えば
なかなか怖い言葉です。
★健常な家庭で育ち
家族トラウマがなければ
智恵や勇気がバックアップ
してくれるし
 ―そして自分の気づきが
  新たに書き連ねられます。
  伝統です。
$PTSD研究家翠雨の日記
★虐待・DV家族の
トラウマがあれば
封印していた記憶に
苛まれ
エネルギーを消耗し
思考が混乱します。
$PTSD研究家翠雨の日記
育児ストレスが
爆弾になり
【解離】行動し
 ―妙にすっきりするので
 万能感が満たされ
 勘違いする。
頭痛など
心身のストレス疾患に
悩まされます。
集合的無意識の図は
『孫悟空』では
仏の掌で描かれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です