大震災ショックで萎縮する文化的こころのケア

日本文化に
関心があるので
いろんなブログに
お邪魔しています。
「こんな時期に
~(ブログ内容)なんて
不謹慎かも知れないですが…」
そういう気遣いが
目立ちます。
PTSD克服中の方まで
「こんな時期に
こんな個人的なこと…」
おかしいです。
それがKYです。
日常も大事です。
他の病に苦しむ人が
「こんな時期に
病院で保護され
薬も充分飲めるなんて
バチがあたる」なんて
言いますか!
黒柳徹子も
  ―トットちゃんは
  学校不適応
   お母さんがエジソンの母みたいで
   問題がこじれなかった。
$PTSD研究家翠雨の日記
アフリカの内戦地域などでの
子どもへの性虐待の悲惨さを
訴えておられますが
なんせ
衣装が派手なので
日本人からは
いろいろバッシングされたものです。
 ―無責任ですね。
しかし
極東の見知らぬ女性が
TVカメラと一緒に
ノーメイクで
(例えば)ユニクロ着て
励ますよりは
自分らしいかたちで
親身に寄り添った方が
よいのではないかと
考えられ
貫いておられます。
結果は正解です。
天皇家の方なら
知ってますから
灰色の普段着で来られても
よいのです。
象徴でもなんでもない我々が
そんなに萎縮するのは
逆に
被災地の方々を見くびっていることに
なるのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です