TVで語る被災者たちを支える人々によるこころのケア


「やらせはいけません」と
書こうかと思ったのですが
この方の場合は
何か言いたいことがあるのに
ストレスや
TVカメラの前の緊張で
困惑されているのですよね。
言葉をつむぎながら
フォローする女性
ちょっと
間違いながらも
言いたいことが言えるように
助けるアナウンサー
 ―人間関係を把握しながら
 病理を探るのは
 神経衰弱します。
 メモは不安になるようですから
 使えませんしあせる
心理療法の
一場面みたいです。
私も
TVに出たことがあります。
そのとき
スタッフの皆さんが
目の前で
カンペを出しながら
場を1つに盛り上げようとしている姿に
感動したのを
思い出しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。