ドイツのベルリン動物園クヌート君脳に異常をきたすほどのイジメストレスで死亡

4歳で急死した
シロクマのクヌートについて
解剖の結果
脳に異常が見つかったと
発表しました。
他の器官は正常で
脳の異常が
死因の可能性が高いとされてます。
雌3頭と
同じ飼育場所に
昨秋移されてから
いじめを受けた様子があったため
動物愛護団体は
「ストレスが死因の疑いがある」
動物園の飼育方法を
批判しています。
 
有名な臨床心理学者でも
急性ストレス障害
(ASD)から
脳梗塞で倒れ
一年後に死亡しています。
中世フランスの宮廷女性は
ショッキングな出来事があるたび
めまいを起こして
転倒してますねニコニコ
心的ショックが脳を直撃することも
あるのです。
震災支援に出かけたある医師は
変わり果てた無残な風景に
「涙がいきなりどっと出た。
大脳辺縁系を通っていない反応だ」と
言っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。