長野市の建築会社経営一家殺害裁判員裁判でもPTSD解離性過剰防衛はダメ

金文夫さん(62)ら
一家3人が殺害され
愛知県西尾市内に
埋められた事件で
金さんの会社従業員ら
4被告のうち
40歳男性の
裁判員裁判の判決公判があり
死刑が言い渡されました。
 ―即日控訴されていますが。
金さん親子から
暴力的な扱いを受け
反省していることなどを考慮しても
犯行は計画的で
冷酷かつ鬼気迫るものがある」
「1度に3人の命を奪ったことは
許し難い。
死刑をもって臨まざるを得ない」と
結論づけられました。
苛められ
ストレスから
解離していたようですね。
解離しっぱなしではなく
正気に返り
反省することができますから
PTSDでしょうね。
★イジメはいけません。
しかし
★過剰防衛もいけません。
 ―解離した人物の
 鬼気迫る冷酷さは
 恐ろしかっただろうと
 思います。
☆イジメをなくし
☆PTSDはPTSDと気づかれ
治療される社会になれば
充分
予防できる事件です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です