動物虐待の「上げ馬神事」は『崖の上のポニョ』があるからもうやめよう

$PTSD研究家翠雨の日記
三重県教委から
今年1月に
動物虐待防止の勧告を受けてから
  ―ハードな行事の
   主役を強いられ
   昨年1頭が即死
   人間と同じく
   馬も野生を失っていますから
   もう無理なんですガーン
初の県無形民俗文化財)が
猪名部神社で
行われました。
★獣医師を本部席に待機させ
★土手の高さを低く
★角度も小さくするなど
改善しましたが
 ―崖っぷちという意味が
  もう薄れていますあせる
  そこまでして
  維持しようとするところに
  震災以前の
  変わらなさ
を感じます。
1頭の馬が
脚の骨を折ったので
安楽死させることになりました。
 ―眠れないだけなのに
 薬を飲まされ
 廃人になってゆく人間みたいです。
  …
こういうのは
人々が
自然との呼応を忘れず
 ―ミクロコスモスとマクロコスモスの
  調和は哲学の基本
心意気を常に
新しくするために
陰陽五行説を当てはめた
呪術ですから
何も
お馬さんに無理させねば
ならない行事ではないのです。
 ―馬は【火気】で
  意識とか
  人間を高める意味が
  添付されています。 
 (馬の属性ではなく
 人間が見立てただけ)
人間が
「よしがんばろう!」って
思えたらよいわけですから
$PTSD研究家翠雨の日記
崖の上に
社を造ろうとするのと
同じ発想でしょう。
$PTSD研究家翠雨の日記
今は
『崖の上のポニョ』があるから
もういいんじゃないかな?
$PTSD研究家翠雨の日記
 ―奇跡に向かって駆けてます。
 子どもたちは
 これを見て
 元気になるのですドキドキ
神さまは
きっと笑ってると思いますニコニコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です