引退後PTSD解離人格になった元ボクサー窃盗で逮捕

東京都豊島区目白の
「ヨネクラボクシングジム」で
3月3日
現金が入った
アタッシェケースが盗まれた事件で
元ボクサーの無職(34)が
窃盗の疑いで
逮捕されました。
ボクサーですから
心身ともに
健康に生まれた人です。
 ―知的障害や
 うつ病では
 勤まりません。
無職で
生活に困ったのかも知れませんが
わざわざ
一番輝いていた時代を
汚す理由はないと思います。
生活苦や人生に対する絶望という
限界域を超えたストレス
トラウマのある場所に
 ―試合での極度の緊張や
  減量ストレスに
  必死で耐えていた。
  ノックアウトされ
  死の恐怖や
  存在の否定を感じたかもしれない。
回帰したのだと思われます。
 ―固着と退行
引退は極度の緊張感から
開放されるときでもあるでしょう。
それはトラウマのある人間にとっては
魔境です。
 ―緊張と弛緩のバランスが大事ですが
 解離人格は
 弛緩=解離行動になります。
 お酒が危ないのは
 そのためです。
しかし
ただの【トラウマの再演】に
終わってしまいました。
ボクサーの悲哀ですね。
 ―TVのバラエティに出ている人は
  (心的)防衛戦に出ているタイプですひらめき電球

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です