闘病中の雅子さまの慰問が有り難いこころのケア

$PTSD研究家翠雨の日記
皇太子ご夫妻は
午後
東京都調布市の
味の素スタジアムで
被災した人たちを
見舞われました。
病気療養が
8年目
になる
雅子さまですが
今回の慰問は
強いご希望があったようです。
 ―PTSD関連の行事には
 こころが動かされるのだと
 思います。
皇太子さまは
「怖かったでしょうね」  ←否認防止
雅子さまも
「お子さんはお元気ですか」と  ←元気が基本
気遣われます。
 ―耐えがたきを耐え
 忍びがたきを忍び
 です。
被災者は
体調がすぐれないのに
来て下さり

お目にかかれて
うれしかった」と
話しています。
皇室という
普段は隠された【象徴】
しかも傷ついたままの雅子さまが
体調を押して
来られるのは
まさにありがたいことです。
 ―奇跡です。
  百尺竿頭一歩進めよ
  癒されるのです。
  アリエッティもポニョも
  そうです。
宮内庁は
8日以降
皇居東御苑の花見に
被災者を招待するようですが
皇宮警察本部の音楽隊が
演じるのは
「世界に一つだけの花」
「負けないで」などだそうです。
華厳経との融合ですね。
$PTSD研究家翠雨の日記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です