ブラジル中学校で銃乱射後自殺したPTSD解離男性のトラウマ

昨日
男が教室に現れ
銃を乱射し
中学生ら13人が死亡
20人がケガをしました。
 ―監視カメラに映る惨状は
 こころのケアが必要です。
銃を乱射したのは
この学校を卒業した
24歳の男で

生徒らに講演するよう
頼まれたと
ウソをついて
学校に入り  ←こころのなかではホント
銃を乱射し
自殺しました。
動機はわかっていないそうですが
恐らくは
10年前に
学校で苛められた
トラウマ
(心的外傷)を癒すための
再演だったのでしょう。
退行してますから
 ―トラウマがあると
 ストレスが過剰になったとき
 退行します。
通っていた中学校の
中学生であれば
自分の敵です。
 ―むちゃくちゃな理屈と
  お思いでしょうがあせる
  PTSDのこころの現実です。
苛めた中学生に
自分が感じた
恐怖感や悔しさや無力感をぶつけると
コンプレックスは
氷解したので
自殺したのでしょう。
 ―コンプレックス=自分の人生
 混乱してると
 起り易い勘違いです。
せめて
死と再生
そこから
★反省し
★生き直し
★虐待とPTSDと犯罪についての
 啓蒙家になってほしかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です