お客さん思いから「うっかり解離」した車掌不在で4キロ走行のJR湖西線

昨日
大津市の
JR湖西線堅田駅で
強風のため
運転を見合わせていた
から大阪発金沢行き特急
「サンダーバード9号」が
運転を再開した際
男性車掌(59)を乗せずに
 ―無我というより
  解離ですねひらめき電球
約4キロ走行するトラブルが
ありました。
ホームで
乗換えをする
お客さんに丁寧に
説明してたために起きた
事故であって
決して
不真面目な
車掌さんではないのですが
慌てて
運転手に一言断ってから
そうするべきであるという
ルールが飛んじゃったのです。
 ―軽い【解離】ですが
 列車の仕事ですから
 軽くはないのです。
なかなか
時代を象徴する事件ですネ。
 ―日本の国の
 運転手さんはどなた?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です