新しいクレヨンしんちゃんのテーマもPTSD問題

$PTSD研究家翠雨の日記
劇場版アニメ
「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 黄金のスパイ大作戦」
初日舞台あいさつが
昨日ありました。
主人公は
野原しんのすけ
 ―野比ノビタとか
  野原しんのすけとか
  在野が基本ですね。
  しんは新かな?真かな?
  そのコンプレックスかな?
今回の
劇場版19作目は
突然現れた
国籍不明の少女
    ←PTSDみたいですね。
レモンによって
スパイ訓練を受けたしんのすけが
スパイとなって
悪の博士の研究所に潜入する
というストーリー
 ―精神科医療のことですね。
  PTSDを薬漬けにする
  恐ろしい集団です。
 麻原って解離人格が
 マネしようとして
 死刑判決が出てますひらめき電球
 
スパイファッションで
身を包んだしんちゃんは
マートに
正体隠し
尻隠さず」
ニックは  ←流行りました!
絶対ダメよ
冷静に」
つでもどこでも
おやつはチョコビ」と
 ―トラウマイメージは
  解字されます。
  韓国の時代劇見てたら
  フツーに出てきますよ。
挨拶し
声優さんは
しんちゃんの声と地声を使い分け
 ―陰陽ですね。
「20年間
5歳児をやらさせていただいてます」と
自己紹介しました。
 ―PTSDの治療を始めたら  
  永遠の5歳児はダメですよ。
  たくさんいるけどあせる
しっかり学んで
卒業しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。