原発健康リスク管理アドバイザーPTSD解離人格でも思い出す心のケア

正式名は
「福島県放射線健康リスク管理アドバイザー」
$PTSD研究家翠雨の日記
4月に就任された
神谷研二さん
朝日新聞やNHKでの自論は
「健康被害の発生は
現時点では考えにくいがえっ
住民が不安を抱くのは当然」
 ―PTSDとは書いてませんが
 風評被害の起る心理的メカニズムや
 被爆者のストレスを心配され
 心のケアを忘れてはいけないと
 おっしゃってます。

 科学者ではなく
 臨床心理学者なんですか?

広島大原爆放射線医科学研究所の
所長さんですが
所長さんのグループは
大学の発表によれば
2006年
甲状腺がんが起こる仕組みを調べる過程で
★基準を超える量の放射性物質を
実験に使ったり
★遮へいせずに
放射性物質を宅配させたり
★実験棟に入る資格がない
非常勤職員二人も作業に従事させたり
放射線障害防止法違反の
違法行為を繰り返していたそうです。
 ―危険物を取り扱う
  ストレスで
  PTSDになっているような

  気がします。
  つまり判断能力が著しく
  欠如している。
  でも主張はしますから
  厄介ですあせる
それは未治療のまま放置されているらしく
今回はNHKで
アナウンサーが
「福島県飯舘村で採取した土壌から
1キログラム当たり
16万3000ベクレルの
放射性セシウム137が検出されましたが
これについては・・」と質問しても
平然と
「大丈夫です。問題ありません」叫び
 ―【解離】人格に怖いものは
  ありません。
  
「チェルノブイリ原発で
被ばくした妊婦が産んだ乳児には
被ばくの影響が見られなかった。
だから安心して下さい。」
 ―解離性健忘もはなはだしいあせる
 職業柄一番関心がある場所で
 アパシーを起こすのは
 重症PTSDです。
 香山リカちゃんに
 新型うつ病と診断されます。
 (実験できないのに
  テレビ出演)
  
電力会社から
研究費をもらってる御用学者だからというより
ビョーキでしょう。
そんな人でも
こころのケアを思い出せと
言っているのですから
 ―自分の心のケアを忘れてたなぁとあせる
 いうことでしょうが
いまや常識と言ってよいでしょう。

4 thoughts on “原発健康リスク管理アドバイザーPTSD解離人格でも思い出す心のケア

  1. 翠雨

    SECRET: 0
    PASS:
    >精神科医・うつ病否定のPTSD研究者サイコドクターSの日記さん
    そうでしたか。
    原爆PTSD調査をしているなら、フクシマの心のケアを言わないわけにはいかないですね。
    教えていただいてありがとうございます。

    返信
  2. 翠雨

    SECRET: 0
    PASS:
    >精神科医・うつ病否定のPTSD研究者サイコドクターSの日記さん
    書いておられた記事との関係の人でしたか。
    複雑怪奇な人ですネ。
    頭がこんがらがります。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です