懲罰的管理で職員をPTSDにするJR西日本に福知山線事故被害者遺族のPTSDは理解できない

6回目の
追悼慰霊式で
遺族代表の
奥村恒夫さんは
亡くなった
長女の遺灰を混ぜて作った
オカリナを演奏し
 ―これは立派なPTSD予防です。
  苦しみのなか
  自ら編み出された独自の表現を
  多くの人々が
  傾聴しています。
$PTSD研究家翠雨の日記
JR西の体質は不変
相変わらず
不祥事が続いている
まともな会社ではないと
訴えられましたが
労働組合の方々も
街頭演説で
同じことを訴えられていましたダウン
$PTSD研究家翠雨の日記
配布されていたビラをみて
ビックリ叫び
$PTSD研究家翠雨の日記
事件の原因として
指摘された
「懲罰的運転士管理方法」
復活していると書かれていますが
これは復活どころではなく
ますます
ひどいことをしていると思います。
事故の体験研修で
★失神したり
★体調不良を起こすような

DVDを無理に見せるというのは
はなはだしい心理的暴力であり
PTSD予防の反対です。
PTSDを作る行為です。
 ―テレビで
  震災番組を見ていた人も
  心身の不調を起こしましたね。
脱線事故後
職員による
おかしな行動が
報道されていましたが
このような環境からくる
PTSDによる
【解離】行動ではなかったかと
推測します。
 ―そもそも
 6年前の脱線事故が
 懲罰的管理方法のストレスからくる
 PTSDによる
 解離行動でした。
$PTSD研究家翠雨の日記
 自分を取り巻く世界が
 余裕を失うと
 物理的世界に変貌します。
職員をこころの病にしておいて  ←PTSD
それを罰するなんて
まともな会社の
することではないでしょう。
$PTSD研究家翠雨の日記
アリエッティの問題は
思いのほか
普遍的問題ですネ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です