3人のPTSD解離性覚せい剤依存のオシオ男保護責任者遺棄致死などで逮捕

東京都町田市の
山林で
3月
塗装工(16)の遺体が
見つかった事件で
昨日
保護責任者遺棄致死と
死体遺棄の疑いで
29歳の塗装工が2人と
17歳の塗装工が1人
逮捕されました。
病院に連れて行くと
覚醒剤がばれると思い

遺体を捨てたことは間違いない」などと
供述しているそうです。
 ―覚醒剤を打ち
 体調が悪くなった被害者に対し
 病院に連れて行くなどの
 適切な処置をせずに
 死亡させ
 山林に遺体を遺棄したわけです。
 押尾学と同じパターンです。
PTSD解離人格たちは
場当たり的な動きをするので
今回も
携帯の通話記録など
客観的な記録で
足がつきました。
摸倣犯ですね。
 ―何もまねしなくてもいいのですが
PTSDは心的感染しますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です