発達障害児の歯科トラウマ

発達障害児には
 
 ―敏感で
 怖がりの子が多いので。
 PTSDもそうですがひらめき電球
全身麻酔をしたり
ぐるぐる巻きにして
押さえつけたりして
治療する人が
多いそうです。
しかし
こころある歯科医は
子どもが安心するように
巧みに声をかけながら
治療を行なうので
 ―こういうのがラポール
 あらゆることの基本ですひらめき電球
麻酔すら必要ないようです。
そんな歯科医に
初めて出会い
感動した親が
今までは
「歯科トラウマ」だったと
書いてます。
 ―傾聴され
 ほっと安堵すると
 本音が出るんですひらめき電球
 この繰り返しが
 ラポール状態です。
ヒステリーと書いたり
トラウマと書いたり
この人
本当(無意識で)は
わかってるんですよねニコニコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です