鹿沼市クレーン車事故てんかんのせいにする未治療PTSDの迷惑なわがまま

4月
登校中の児童6人を
クレーン車ではねて死亡させた
クレーン車運転手(26)は
過去にも
てんかんの発作で
意識を失って
事故を起こしているので
事故の可能性を予見出来たと認め
起訴事実を争わず
てんかん患者のおかれた
事情など
情状酌量を求めていく

方針のようです。
病気であっても
できるだけ
正しく生きる努力をすべきなのに
それを放棄し
都合のよいところだけ
病気のせいにするのは
 ―ひいては人のせいに
病苦のストレスから
PTSDを発症していると
言わざるを得ないと思います。
犠牲になった子どもたちも
ひっそり生きるてんかんの
人たちにも
迷惑な話です。
自信のなさから
自我肥大を起こし
特別な存在で何をしても赦されると
勘違いする
懲りないタイプが
案外います。
憧れのクレーン車を
永久に取り上げられたので
この人のPTSD治療は
また坂道がきつくなりました。
放置するとPTSDは
だんだん重症化してゆきます。
どれだけ予防が大切か
わかると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です