瀬戸内寂聴さんによるこころのケアの指針

PHP8月号は
こころの立て直し方特集
瀬戸内寂聴さんへの
インタビューのタイトルは
「何を忘れ
何を忘れないか」

こころのケアの現場で
極端なことをする人が
二次被害を
起こしているからでしょう。
 ―感情が刺激されると
 人間は極端に走ります。
 解離ですね。
 専門家が暴走してどうしますか?
★「忘れなさい」と諭すのもだめ
 ―まだやってますね。
 優しい表情での
 「お薬出しときましょう」は
 『忘れろ!』と翻訳しますひらめき電球  
★煽って過覚醒にするのもだめ
 ―TV観すぎて調子崩した人
 多いですネ。
 震災にあったら
 必ずPTSDになるなんて
 ウソ言って脅すのは
 もはや犯罪ですね。
$PTSD研究家翠雨の日記
意識の中に無意識があるし
無意識の中に意識があります。
ガムシャラに忘れようとするのも
無理に思い出させるのも
無効です。
仏教も
中国を通過してますから
陰陽五行説でできてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です