盗聴疑惑英大衆紙廃刊の潔さと『借りぐらしのアリエッティ』

$PTSD研究家翠雨の日記
犯罪被害者らへの
盗聴疑惑で
廃刊の決まった英大衆紙
ニューズ・オブ・ザ・ワールドは
本日付となる
最後の紙面で
「THANK YOU & GOODBYE」と
メッセージを
一面に大きく掲載しました。
168年の歴史を持つ老舗紙でも
こうなります。
実は
親会社が
英衛星放送BスカイBの
買収を目指していたりするので
ゴシップは邪魔であるようですが
 ―ミイラ取りがミイラに叫び
それはそれとして
ダメなものはダメ
筋の通し方は
日本も見習うべきでしょう。
父性がないんですね。
 ―いつまでも既存権利にしがみつく。
 もう藁(わら)みたいなものなのにニコニコ
 
$PTSD研究家翠雨の日記
 ―アリエッティのお父さんみたいな
  そういうものが
  この国に欠けてます。
$PTSD研究家翠雨の日記
そして
カマドウマの美しい精神も
消えつつあります。
 
$PTSD研究家翠雨の日記
一太極二陰陽で
常にはじけて
変化していく国民性もまた
いつの間にか
ダンゴ虫ばかりにしょぼん
$PTSD研究家翠雨の日記
昔は、潔く
筋を通す人が
支持されてました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です