PTSD否認のフクシマでお母さんたちをモンスターペアレンツ扱い

対応が後手後手なのは
みんな知ってると
思いますが
程度が酷いようです。
ある町では…
電話で
放射能の相談をしても
「上の者に伝えておきます」
『聴いてもらえた』って
思いますよね。
でも…
いつまでもそのまま叫び
こころのケアどころじゃないですね…。
子どもたちを守りたい一心で
 ―当たり前ですよね。
集まった
お母さん方が
町長さんに
相談しに行くと
「あんた達は
モンスターペアレントか」と
怒鳴られる叫び
DVシェルターと同じだと
思いました。
申し送りとか
あたりまえの業務ができないんです。
いくら言っても
のらりくらり…
 ―たいていPTSDです。
 被害者だけではなく
 スタッフのPTSDも深刻です。
あんまり言うと
私がモンスター扱いされます。
学会でも
ちょっと前までそうだったかな。
問題ばかりが山積みですが
こういうのに負けてはいけないと
思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。