JR西日本のPTSD解離事故原因になる「日勤教育」に裁判所が喝!

業務でミスをした
運転士らを対象に行った
「日勤教育」で
  ―再発防止を教育する取り組みの通称
  2005年4月の
  JR福知山線脱線事故の   ←PTSD解離事故
  運転士(死亡)も受けていた。
精神的苦痛を受けたとして
 ―津波の映像を繰り返しみたら
 誰でも
 調子悪くなるのは常識ですね。
 事故の映像を見せられて
 気分が悪くなり
 やめてくれと言っているのに
 やめないのは
 もはや暴力ですよね。
 職場ですから
 死活問題です。
 
 PTSDの種になります。
ジェーアール西日本労働組合
(JR西労)所属の
運転士と車掌計258人が
1人当たり慰謝料100万円
総額2億5800万円の
損害賠償を求めた訴訟の判決が
大阪地裁であり
原告のうち61人が受けた
日勤教育について
「JR西に社員教育に関する
裁量の逸脱・乱用があった」と認められ
計620万円の賠償が
命じられました。
PTSD研究家翠雨の日記
PTSD研究家翠雨の日記
この状態で
列車自殺問題にもさらされて
JRの人たちは
働いてくれているんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。