伊良部秀輝さんが離婚ストレスからPTSD解離自殺

米大リーグの
ニューヨーク・ヤンキースの
元投手ですが
米カリフォルニア州ロサンゼルス近郊の
自宅で死亡されました。
42歳でした。
日本では大活躍されましたが
メジャーでは
十分な成績を残せなかったことや
プロであるための酷評
選手につきもののけがなど
ストレスの多い人生だったでしょう。
離婚後
特に
悩まれているように見えたと
 ―ひきがねになったのでしょう。
周囲は話し
またショックを受けています。
 ―十分なこころのケアが必要ですね。
スポーツ選手には
ストレスマネジメントが
必要だと思います。
 ―身体的にはそういうチームがあると
 思いますが。

伊良部秀輝さんが離婚ストレスからPTSD解離自殺」への2件のフィードバック

  1. あ*

    SECRET: 0
    PASS:
    田中ウェルヴェ京、奈良雅弘(著)
    『ストレスに負けない技術——コーピングで
    仕事も人生もうまくいく!』(日本実業出版社、2005年)という本があり、米国ではオリンピックやプロの選手の引退後をケアするプログラムが大学で研究され、実践されているのだと思っていました。まだ当たり前にはなっていないということでしょうか。

    返信
  2. 翠雨

    SECRET: 0
    PASS:
    >あ*さん
    どうでしょう?
    ①当たり前になっていないのか、②その方法では手が届かなかったのかどちらかでしょうね。
    お名前や風貌からして、戦後トラウマの問題が大きいような気がします。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。