海老蔵らがチャリティー歌舞伎で陰陽五行流こころのケア

市川海老蔵、中村勘三郎ら
約150人の
歌舞伎俳優が
東京・新橋演舞場で
東日本大震災復興支援の
「歌舞伎チャリティー公演」を
行いました。
黙とうを捧げ
東北に縁のある舞踊などを披露
海老蔵は中村勘太郎らと
「石橋(しゃっきょう)」で
「気振り」を見せました。
文化の中には
こころのケアの基本が
織り込まれていますよ。
 ―日本文化は
 PTSD克服理論でできてますから。
★気振りでしょ。
 5つの気の循環が大事です。
 停滞するとおかしくなります。
★橋はラポール
$PTSD研究家翠雨の日記
 美智子さまもさりげなく
 ラポールされます。
 皇室の方々はダントツお上手ひらめき電球
 まずは余裕のあるほうから
 歩み寄りですね。
$PTSD研究家翠雨の日記
意識(現実)を
あの世(無意識・記憶)とも
交流させます。
 ―演目によく
 成仏できない幽霊が
 (トラウマ)が出てきます。
 旅のお坊さんが傾聴しますね。
$PTSD研究家翠雨の日記
行き来して
風通しよくしてから
行います。
上から目線で
薬を処方するのとは
異質の世界です。

海老蔵らがチャリティー歌舞伎で陰陽五行流こころのケア」への2件のフィードバック

  1. コンビニけんちゃん

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは、夜分に済みませんと同時にお初のコメントと突然のコメント失礼します。いつもブログを拝見いたしまして、勉強させてもらっています。まだまだ学ぶところが多くて。今後とも何卒宜しくお願いします。

    返信
  2. 翠雨

    SECRET: 0
    PASS:
    >コンビニけんちゃんさん
    私も、さっき読ませていただいたところでした。
    コンビニでの声かけで、こころがほっと温まる人は、予想以上に多いでしょうね。
    私も、『ま、いいか…』と省略しないで、身近な人に声をかけようと思い直しました。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。