禅寺モードの被災地の子どもたちがPTSDを変えるかも

被災地の子どもの置かれた
状況は
いまだに過酷です。
育ち盛りなのに
給食はパンと牛乳だけ
 ―なのに
 すっごくうれしそうに
 「いっただきます!」
 「もうおなかいっぱい…」って
 子すらいます。
 胃が小さくなってますね。
親を亡くし
 ―いずれかを亡くした子は
  推計2千人
  両親を亡くしたのは
  200人
友達を亡くし
 ―在校生がごっそりいなくなった
 学校もありましたね。
ふと涙ぐんだり
関連する話題に口をつぐんだり…
 ―それでよいのです。
しかし
悪いことばかりではないようで
★居眠りが減った
 ヒラメと言うそうです。
 机に突っ伏す寝方です。
 教室でノートを広げ
 鉛筆を持つのが
 ただただ
 うれしくてしかたがないそうです。
 これは昨日書いた
 買い物依存症克服の
 岡本夏生さんに通じる
 心境ですひらめき電球
★陰湿ないじめがなくなった
 これ以上友達をなくしたくないし
 不安があるから
 みんな仲良くつながりたいと
 心境変化
★人の役に立ちたい気持ちが出てきた
 病気を治す医者や
 人を喜ばせる仕事につきたいと
 考える子が増えています。
なんか
禅寺みたいです。
アジアの禅寺では
孤児や口減らしの子たちが
孤独に耐えながら
修行してます。
無駄なことは考えず
ただひたすら
本質を見つめているうちに
慈悲心が芽生えるのです。
阪神淡路大震災では
復興にともない
この傾向は消えてしまったそうですが
 ―ほとんどは現金主義に
このたびは
長く続くのではないでしょうか。
こころのケアを
変えてくれるかもしれません。
この子達に
薬は絶対使わないでほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。