高岡蒼甫さんが示すうつ病と自殺と自己実現の三つ巴

Twitterに
何が苦しいのか
吐露しています。
 ―いいものができました。
「自分はこんな事は書きたくありませんが
本人が書いてくれと言っているので    ←妻
書きます。
家の妻は
自分と一緒の思想ではありません。
火の粉が飛ぶのは勘弁です。と。
そう訂正してくれと言われましたので
そのまま書かせて頂きます。
はぁ、家出ようかな」
…いよいよ末期。
膿を出さないと。
そして自分が今リスクを伴いながら
こんな事を言う事に日本国民
皆さんが気づいてほしい。
日本の政治にも。
このままじゃそのうち
日本国は無くなる。ふぅー。深呼吸」
★こころの病とは人間関係の
病です。
 自閉症も統合失調症も同じです。
 他人がいなければ起こりようがない。
  ―実はPTSDですが
  世間ではそう呼ぶので。
  
 仕事関係や世間や家族との関係で
 パニック発作を起こすほど
 追い詰められているのです。
 「何やってんだぁ!」と
 つまり
 出来が悪い(発達障害)とか
 協調性がない(アスペルガー)と
 誤解されることで
 苦悩はさらに深まります。
★こころの病を克服するには
 自己実現しかありません。
 自己実現しようとすれば
  ―今は醜いアヒルの子状態です。
 家族の猛反対にも遭います。
 ポニョが家出を繰り返すのと
 同じ理屈です。
 篤姫を演じるような方は
  ―篤姫自身は自己実現型
  とんでもないしがらみの中で
  自分らしさを輝かせました。
 適応型です。
  ―ソツがないです。
   それも魅力ラブラブ
★トラウマ治療をすることが
 個性化(自己実現)につながる。
 膿をだそうとしておられますからね。
 大変な状況の中
 直面されようとしています。
 もう顔がパンパンになるまで
 安定剤を飲むこともないでしょう。
  ―精神科や職場に家庭に
   適応するために
   頭をぼんやりさせたものの
   内部で葛藤が起こり
   顔が腫れるのです。
   こういう馬鹿な飲み方
   やめましょう!
この状態を維持するかぎり
自殺の危険性も
去りました。
 ―如人千尺懸崖上樹
 (崖の上のポニョ)が
 定位置ですから。
苦しくても
そうするしかないのです。
PTSD治療のよいお手本を
示されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。