秋田竿燈まつりでも震災復興こころのケア

$PTSD研究家翠雨の日記
昨日から始まりました。
国の重要無形民俗文化財です。
 ―明治以前にできたお祭りは
 みな陰陽五行説で作られた
 こころのケアです。
 華厳経も中国で習合しています。
今年は
「がんばろう東北」と書かれた
提灯もあり
観光客も一緒に
「どっこいしょー、どっこいしょ」の
掛け声をかけ
共に
一日も早い震災復興を
願います。
 ― 一即多 
「竿燈が稲穂のようですごくきれい」と
声が上がります。
稲に見立てているのかも
知れないですね。
 ―日本人は見立てが好きです。
1粒に三千体の仏さんが
宿っているから
大切にしないといけないとか
言われたものですが
1粒1粒が照らし出されていますからね。
 ―三千は燦然でもありますね。
PTSD研究家翠雨の日記
そして
百尺竿頭一歩進めよの
気概が大事ですね。
$PTSD研究家翠雨の日記
人間の行動には
いろんな意味が籠められています。
漢字が書けないだけの
小学生を
すぐ発達障害扱いするのは
どこのどなた?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。