自力の果ての他力が完成させた『コクリコ坂から』

宮崎吾郎は
6年前
$PTSD研究家翠雨の日記
父・宮崎駿の反対を押し切って
アニメーション監督の道を
選んだそうです。
  
息子の実力を認めない父と
偉大な父を超えようと
もがく息子の
構図は普遍的なテーマですね。
 ―なかなか
 葛藤を維持できない親子が
 多いですが
 持ちこたえないと
 エネルギーが高まりません。
$PTSD研究家翠雨の日記親子
作品をめぐって
何度となく衝突し
一時は
公開延期の危機にまで
追い込まれるほどだったそうですが
そんななか
東日本大震災が起こり 
二人の関係に
不思議な変化が起こり  ←他力
 ―他力とは依存ではなく
 もう限界だというところを
 超えて出てくるセルフの力です。
 百尺竿頭一歩進めよと
 同じ意味です。
 誤解が多いところですが。
ぶつかり合いながらも
映画作りという同じ目標に向かって
ともに戦うようになって
完成を迎えたようです。
震災ショックは
葛藤の方向性を変えてくれたわけですね。
戦争やけんかはいけませんが
競合はいいですね。
ジブリの底力を観たような
気がしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。