河合隼雄はPTSD解離犯罪の増加を指摘していた


★人間のこころはもともとは
バラバラで
★生育歴のなかで
つながること
★それがおかしくなって
キレて犯罪を犯す人が
出てきていると
言ってます。
ユング派である息子は
こういうのは解離性健忘
ユング心理学も
精神分析も届かない
発達障害を追いかけます。
『遠野物語』のような
PTSD物語を前にしても
 ―東北の悲哀が観えず

★「出会った瞬間しかない」を繰り返す
 親父と出会っただけの  ←衝撃
 研究人生
 ショックで【解離】してるから
 世にあふれた
 解離犯罪が見えない
★おどおどした話し振り
 ―実は解かってるんですよ。
 この人。
1+1=5と
言い張っても
実害は小さいですが
PTSDを否認して
発達障害ブームの片棒担いで
 ―その際ユング心理学の
 命綱【象徴】まで否定して
これから
この人どうする気だ?
解離=頭お留守
 ―意識はほんの小さな接点ではないかと
 言ってますね。
 
 それは正しいですが
 健康なら
 記憶と結びついてるので
 場当たり的にはならないんです。
聞くだけ野暮ってことか…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。