米ネバダ州でPTSD解離男が帰省中に銃乱射

昨日
レストランで
朝食をとっていた
制服姿の州兵たちに
男(32)が銃を乱射し
3人が死亡
8人が負傷し
男は銃で自殺を図り
まもなく死亡しました。
 ―パターン化されてます。
犯罪歴はなく
精神疾患を抱えていた
可能性があるようです。
実家に帰省中の
できごとだったようですが
家族によると
特に変わった様子はなかったそうです。
機能不全家族で
PTSDを発症することが
一番多いです。
 ―そのあと
 学校や職場や
 軍隊で
 いじめにあい
 傷が深まります。
帰省はアブナイのです。
昔のことを思いだし
無力だった時代の記憶に
飲み込まれます。
 ―家族も昔のままの
 圧力関係を
 悪気なく強要します。
昔のようにその場を凌ぐので
すべては
「いつもどおり」です。
しかし内部では
もうやり切れず
キレてしまいます。
自殺したいのか
人を攻撃したいのか
本当に憎いのは誰なのか
こんがらがり
このような形になってしまうのです。
学校教育で予防する時代です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。