エイミー・ワインハウスも抗精神病薬からの離脱中に死亡

$PTSD研究家翠雨の日記記念館
7月27日に急逝した
英ソウルシンガー
エイミー・ワインハウス(享年27)
体内から
違法薬物は見つからなかったという
検視結果が
発表されました。
 ―解毒療法の最中に亡くなった。
強力な抗不安薬を
常飲していたという彼女は
その依存症を克服するため
自ら解毒療法を行っていたのです。
「エイミーはすべてのことを
“やりすぎ”ていたんだ」と父
「必要以上に
酒を飲んでいたし
必要以上の解毒をしていたんだよ」
抗精神病薬からの
自力での離脱は
容易ではありません。
専門家が
早く参加しなければいけませんね。
★精神科医は更生し
★薬剤師も知見を出し
★代替医療専門家も
苦しみの緩和や
デトックス
心身のリラックスの知恵を
提供するなど
みんなで知恵を出し合って
研究し
支援する場をつくることが
焦眉の課題です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。