愛子さまを見守る雅子さまに学ぶPTSD克服の秘策

愛子さま(9)が
学習院初等科4年
約120人による
「校外学習」に
2泊3日で参加した際
雅子さまが
全日程に付き添ったことについて
宮内庁の羽毛田信吾長官は
「通常の形でないことは心配している」と
述べましたが
愛子さまは
同級生と同じ部屋に泊まり
全行事に
「友だちと元気に
楽しそうに参加し」
行事に参加できなかった
昨年までと比べ
随分「よくなっている」そうです。
見守りは大事でしょう。
見守るだけでここまで
変化しているのです。
見守ることの
パワーを国民は学習すべきです。
こういうのを馬鹿にして
理解しようとしないから
PTSDがおかしくなるのです。
頭のおかしい医者に意見を求め
覚せい剤より酷い薬をもらうまえに
親なら
子どもの話を聴き
子どもを心配して
世間がなんと言おうと
見守るべきでしょう。
ここまで徹底し
貫かれた雅子さまは
ポニョです。
 ―このくらい愚直にならねば
 なりません。
確かに
象徴である皇室は
尋常でない日本の医療の本質を
映しています。
$PTSD研究家翠雨の日記
アマテラスからの
系譜です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。